勃起不全のチェックリストで研究された効果的な治療法

パートナーとのセックスがうまくいかないことがあるけれど、自分は勃起不全かどうか知りたい・・・と考える方は多くいらっしゃいます。
実際には勃起不全に当てはまるという方は研究によると重症の方、中程度の症状の方を合わせると全国に1130万人の男性がいらっしゃる国民病とも言える症状なのです。
勃起障害に当てはまる方は、研究によると性交渉のチャンスがあるときに75%以上の割合で性交渉ができないという方です。
それだけでなく性交できても満足の行く勃起を得られなかったり、勃起しても中で折れてしまってフィニッシュできないなどさまざまな症状にやまれる方は勃起不全と診断されることがあります。
すぐにクリニックで受診するのが難しいという方、敷居が高いと感じられる方も多くいらっしゃいます。
こうした勃起不全かどうかということはチェックリストを使って自己診断することも可能です。
ネット上には簡易的なEDのチェックリストがありますのでそうしたものを利用するのも良いでしょう。
クリニックでは専門のED専門医が詳細なチェックリストを使った問診や診察、また内分泌検査や心理テスト、生理的な勃起障害の検査、神経系の検査、血管系の検査などを行って研究に基づいた診断を行います。
勃起障害には大きく分けて心理的なものと器質性のものがありそれぞれにあった治療をしなくては解消することができません。
またはこれらの症状が重複して起こっているケースも多くあります。
自分の勃起不全が心因性のものなのか、器質性のものなのか、それとも神経や血管、内分泌によるものなのかということを詳しく調べて治療するためにはこうした専門のクリニックでの受診をすることをおすすめします。